最近作ったもの ビーズワーク・手まり

最近、手の調子が良くなくて、タティングをひかえてます。
それに、別にタティングで食ってるんやないから、好きなもん好きに作りたいなぁと思ったり。

いえ。

単なる浮気性?

これは、いつの頃か…手作りフェアで購入したキットです。
やっとできましたわ。
2014060301.jpg

メインは、カボションを抑える、フレームワークなんですね。
ビーズでくるんでいくわけです。

ところで、この一番下の大きなパーツ、中のお花がかなり偏っているんです。
で、もっと真ん中あたりにあるのがほしい…と思ったのに、店番のオッサンオジサマが、
「これは自然のものですから…」と訳のわからない持論を繰り広げられたのであきらめました。

他にも、その時の○○やら××やら、恨み言はたくさんあるのですが、

まーいいかー。

でも、何年も覚えているんですよね~。ほほほ。

次。
これも何年か前、手芸屋さんでストレス発散に買い込んだオリムパスさんの手まりキット。

なんだか、なかなか手を出さなかったのですが…
というより、そんなキットがたくさん手元にあるのですが…

やっと出来上がったのでした。

何の練習もなしに、いきなり本番。
2014060302.jpg

糸の引き具合などのコツもわからないまま進めたので、ぼよーんとした出来上がりに…(^^;
しかも、糸のグラデーションの順番を間違えてました。
だって、キットの糸の束ね方が…ゲフンゲフン…

自分の確認不足を人のせいにしてはいけない!

反省を生かして、反対の面。
ちょっとはシャキッとした印象に出来上がりました。

2014060303.jpg

でも、真ん中の腹巻…いえ帯が太くなってしまいました…。
そして、上下の花弁の位置がズレータ。
2014060304.jpg

これは、地割りという作業をいい加減にやってしまったのと、まだまだコツがつかめなかったせいでしょうね~。
やっぱり何でも練習です。

でも、キットがないのでここで終了~

繭から糸を取ってみた

お蚕さんの繭から糸を取ってみようと思った。

いろんな色の繭が入っているものを購入。
2014041201.jpg

糸をつむぐ装置なんて持ってないよ。
100均で使えそうなものを調達した。
2014041202.jpg

これにクルクル巻くのだ。
2014041203.jpg 2014041204.jpg

この穴に軸を通してクルクルする。
2014041205.jpg

繭を煮ます。中身はすでにお亡くなりになっているので罪悪感なし。
2014041206.jpg

糸がほぐれてきたところを適当に引き出す。
2014041207.jpg 2014041209.jpg

クルクルに巻きつける。
2014041208.jpg

5本どりにしてみました。
繭って一本の糸で出来ているらしく、うまくいくとするすると引き出せます。
2014041210.jpg 2014041211.jpg

クルクルから巻き取りました。
2014041212.jpg

これ何にしますのん?とりあえずやってみただけでした。
ちゃんとした器具を使ってやるともっとスムーズに糸が取れて楽しそう。
まあ、脳裏に浮かぶのは、「ああ野麦峠」なんですけどね。

オリムパス製絲 こぎんブローチモニター 報告

オリムパスさんのモニターに当選しました。

モニター報告の期限は12月11日…

でしたが、夫の転勤が決定し、バタバタとしているうちに締切日を過ぎてしまいました。
本日、と言いますか、先ほどやっとネットにつなぐことができました。

せっかくモニターに選んでいただいたのに、期日が守れず大変申し訳ございませんでした。
ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫びいたします。


では、モニター報告をさせていただきます。

材料はこのようなものが届きました♪
2013121501.jpg


さっそく作ってみます。
説明書をよく見て…

…なんだか…ナニコレ?状態。
2013121502.jpg


本当にきれいな模様になるんだろうかという一抹の不安が…
気にせず、どんどん進めよう…。

あ。だんだんと模様になってきました~。
2013121503.jpg


ところで、説明書に「糸は必要本数揃えて…」と書いてありました。
刺繍の時みたいに一本一本一度ばらしてから作ったほうがきれいになるのかな?
と思ってやってみたのですが、すこぶる刺しにくかったのです。
しかも、美しくできませんでした…(私の場合ですが)

糸をばらしてから作るよりも、糸によりがかかってねじれないようにして作るほうがやりやすかったです。
2013121504.jpg


刺し終わりました~♪
2013121505.jpg


な・なんとかみられる模様になったかな?


型紙通りに布地をカットします。
2013121506.jpg


後ろをぎゅっと絞って
2013121507.jpg


ブローチに仕立てて出来上がりです。
2013121508.jpg



きれいに作るのは…難しいです。
糸の引き具合とか、練習が必要かと思われます。

一色の糸で模様を描く。
単純やけど、美しいです。模様の一つ一つに意味もありますし。
そういうのを考えながら刺すと面白いかも。

オリムパスさんからはこんなキットも販売されています。
http://olympus-thread-shop.jp/SHOP/115362/115394/list.html

大きなものが作ってみたいなぁ。
楽しそう~♪


私はブローチは身に着けないのです。
お洋服に穴が開くのが嫌なので。
と言っても、上等な服を着ているわけではありませんよ。
ユニクロの服でも穴はあけたくありません(^^;

今回は材料がそろっていたのでブローチに仕上げましたが、
マカロンケースにするのもかわいいかも…と思いました。
機会があれば作りたいです。


さて。
冒頭にも書きましたが、この材料が届いた直後に、夫の転勤が決まったのでした。

手芸好きの皆さん…荷物…多いですよね…
とりあえず、荷物を作らないと!絶対に捨てたくないものはさっさと箱に入れないと!

と、がんばったので、手元に手仕事グッズがなくなってしまいました。
このこぎん刺しは早く作らないといけないわ。と思って、手元に置いてありました。

ちくちくもくもくとすることは、私にとって忙しい準備の中の、ほっと一息つける瞬間でした。

このような機会を与えてくださったオリムパス製絲さんに感謝しております。



…なのに…ご報告が遅れてしまって本当に申し訳ございませんでした(/_;)

「多少遅れても大丈夫です」というメールのお言葉に甘えて、連絡することなく今に至ってしまいました。

また、モニターに応募するチャンスがありましたら、これに懲りずによろしくお願いいたします。



クロバーメールマガジン プレゼント当選!

クロバーさんのメルマガで、150号記念プレゼントという企画があったので、応募してみました。

そしたら、なんと当選しました~(^o^)丿

応募したのは、

◎ブロックアフガンであったかコース
(ほかほかアームウォーマーが2組編めるセットです)
 手づくりブック「ブロックアフガンクロッシェ」+
 ランドネーゼ(61-293)2玉+かぎ針「アミュレ」8/0号

2013102101.jpg

プレゼントというのは、うれしいもんです。
しかも、作るという楽しみがある。

2013102102.jpg

アームウォーマー作りました。

糸が余ったので…

2013102103.jpg

お弁当を入れる、小さなバッグも作りました。

ロングピッチの糸なので、見るところで全然雰囲気が違う。
柔らかくてよい糸でした。
ブロックアフガン編みも初めてやったけど、楽しかったです。

イーラーショシュ その2

すぐに続きを書くと言いながら、一夜明けました。
こんなもんです。私って。

そうそう。イーラーショシュです。
梅雨の時期のプールで見られる、紫色の唇を隠す方法を考えた。

縁を付けますかね。
2013093004.jpg

隠れた~パチパチ

でも、糸が余ったからついでにフリフリにしよう。

と、いらぬことを考えたついでに、

持ち手を付けよう

なんて、もっといらんことを思いついてしまった。

フリフリ
これも説明通りに作るとうまくいかず、結果的に自己流になっています。
というか、説明がよくわかんなかったです。ニホンゴが…(^^;
2013093008.jpg

持ち手はマクラメです。
お初です。適当です。左右対称になりません。
2013093007.jpg

最初は斜め掛けにできるくらいの長さにしようと考えていました。
長さがどのくらいいるかな…と斜め掛けにしていたら…

「それって変とちゃう?」

という、厳しいお言葉が飛んでまいりました。

「大きさの割に紐が長い。バランスが悪い。」とな。

確かに…私も…ちょこっとは…そう思った…。

という事で、短い持ち手で完成です…。

2013093005.jpg
2013093006.jpg

あら…お写真が横向きだわ…。
ま。ええか。

という事で、両面に刺繍を施したポーチが出来上がったのでした。

ほんまに、てきとーに作ったので色々なところでつじつま合わせをしないといけなくなり、
色々なところにしわ寄せがきてます。

文字通り、しわが寄ってます。


さ。これで死蔵キット消化月間は終了です。

でも、まだまだいろんなことしたいな~と思いました。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる