スズランモチーフのロングラリエット

えーと…今更なんですが…

4月に日本タティング協会で行われた講習会のラリエットです。
仔牛は荒木孝子先生

仕上げたのは8月の頭。
作るのも紹介するのも遅すぎますねー。

ま・いいのだ。

作るのが遅かったのには理由がありまして、途中でビーズを通したりするのが苦手なんです。
よし!やるぞ!となかなか決意できなかったのでした。

20130911 001

20130911 002

先っぽについているスズランのモチーフがかわいらしいです。


で、仕上げた後、さっそく使いました!
シンプルと言うか質素な私の洋服を華やかにしてくれます。

が…

なんと、金属アレルギーの症状がでました。

首の回りがかゆくなり、医者に行って心当たりは髪の毛かこのネックレス…と伝えると、
間違いなくこのネックレスだと。

よくわからないのですが、金属光沢があるビーズも金属なんですかね?
鍍金だとしても、やっぱり金属成分あるんですかね。

今までアレルギーなんてないし!と思っていた。
最近、なんとなく、薄々と、金属に反応している?とは思っていたけど…。

残念ながら、このラリエットは二度とつけることは出来なさそうです…(T_T)

日本タティング協会 2013年6月大阪講習会

6月の大阪講習会では、後藤智子先生にペンダントトップを教えていただきました。

2013060801.jpg

小さな小花をたくさん作ってまとめます。
色々な色調のキットがありましたが、私はマルチカラーです。
華やかなのが好きなので…。

ちょこっとアップ。
丸にしようかと思ったけど、できるだけたくさんお花をつけたいと思ったら
四角になってしまいました。
2013060802.jpg

普段、あまりこういうのは作らないので、とても楽しかったです。

次回は何かな~。

日本タティング協会 大阪講習会 2012年5月

お久しぶりの更新です。

何もやっていなかったのではないのですよ。
色々と修業中です。


さて
急遽、5月29日に日本タティング協会の講習会が行われました。
お話を聞いたのが2週間前。
いきなりの事でお世話をして下さった方も大変だったと思います。
ありがたいことでございます。

講習は、高木 貞男氏(たかぎ・さだお=元森永製菓会長)の
訃報の記事が新聞に載っていた言う話題から始まりました。

なぜ森永の元会長さんの話から始まったのかと言うと、
この方は日本タティング協会にいらっしゃったのです。
私は講習でお見かけした程度しか存じませんが残念なことです。


この日の講師は聖光院有彩先生。
午前・通しての講習でした。

午前はお魚

2012052902.jpg

講習は大きなお魚の方です。

小さい方は金魚(出目金っぽい)ので、赤色で作ったら可愛いかも。
これはおまけのデザインとして、有彩先生が図案を書いて下さいました。
目数は自分で考えてねって、こっちの方が高等な技の様な気がしますよ。

魚をがっつりと、どや顔で捕まえている黒にゃんこは、お隣に座っていた
アトリエ優香の寺地先生からのプレゼントです。
ぐへへ。かわいいぃ~。(黒ネコ好き)

でもこれ、蝋燭なんですよね。とてもじゃないけど火なんてつけられませんよ。

お昼はさっくりと30分で終わって、午後の講習です。

お人形さんです。

20120531.jpg

顔はひとつひとつ有彩先生が書いて下さいました。

なんとまあ愛らしいお顔。
紳士がひとつひとつ心をこめて書く姿を想像すると、
えーと
なんというのでしょう?
そう。

なんだか微笑ましいですね
しかめっ面では書けませんよ。きっと穏やかな気分で作って下さったのでしょう。
世界平和な感じです。

パーツは2つ頂いて、時間内に左側の女の子を作りました。
余った糸で帽子に飾りを付けました。

右は先程家で作ったもの。
ビーズをつけて華やかにしました。
こちらの方がパーツが小さかったので、胴部分の目数を変えるべきでした。

インコのデザインを頂いたので、後でつくらねば…。

講習中は、有彩先生がタティングと出会った経緯など、
華々しい経歴のお話をしていただいたり、有意義な講習会でした。

講習の後も顔を合わせてもなかなかお話しする機会がなかった方と
お話をしたりして充実してましたわ~。

この日は夜から京都でオーケストラの練習だったのでバイオリンをかついで
ラッシュの電車で移動。
中途半端な空調で電車で酔ってしまい、よれよれになりながら練習に参加。

14時間以上外に出て動いていたので充実を通り越して放心状態で帰宅しました。
昨日は使い物にならなかったわ~。

さ。
次の更新はいつかな?

日本タティング協会 3月 大阪講習

3月31日に行われた、日本タティング協会の大阪講習に参加しました。

本日のお題は「蝶々 ELISEのモビール」

講師は高嶋寿子先生、妙子先生です。

2012040202.jpg

3月31日に行われた、日本タティング協会の大阪講習に参加しました。

本日のお題は「蝶々 ELISEのモビール」

講師は高嶋寿子先生、妙子先生です。

2012040201.jpg

光に透かすとこのようになります。
幻想的で綺麗だわ~。


しかし美しさの中には犠牲もあります。

2012040203.jpg

作品にならなかった蝶々の死骸たち…。
形にしてあげられなくてごめんなさい。
御冥福をお祈りいたします。

ほんのちょっとしたピコの大きさを調節したり、
いらないことを考えて試してみたりで、
結果的に2匹分失敗してます(/_;)


さて、これから作品展に向けてデザインに入ります。
色鉛筆は何処だ~?

日本タティング協会 国際講習 2011 in Kyoto

2011年10月21日に京都で行なわれた、
日本タティング協会の国際講習に参加しました。

講師は、英国から来られた、Pam Palmer 先生です。

今まで、国際講習会で5回もきていただいてます。
ご高齢のため、今回が最後の来日となるそうです。

とてもやわらかな雰囲気の素敵な先生です。
もうお会いできないと思うと残念です。

一人での来日に不安があったのか、ダンナさまと一緒でした。
このダンナさまも英国紳士!という感じで、
私が英語ぺらぺーらならお話ししたいと思いました。

2011102603.jpg

タティングのお花をあしらった、カードを作りました。
比較的簡単なデザインだったのでさくさく作って、
時間内に仕上がりました。

そして、嬉しい事に、パム先生から賞を頂きました!

2011102601.jpg

タティングのお花をあしらった、カードを作りました。
比較的簡単なデザインだったのでさくさく作って、
時間内に仕上がりました。

そして、嬉しい事に、パム先生から賞を頂きました!

2011102602.jpg

去年も賞を頂いた瞬間は自覚が無かったのですが、
タティングのお仲間や姉弟子先生、師事する高嶋先生も喜んでくださって、
じわじわと喜びをかみしめているところです。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる