早期治療が大切です

気がついてはいたのです…。

なんだか様子がおかしいなって。
飼育本を読んでみても、獣医に連れて行くように書いてある。

小鳥を飼い始めたら、一度獣医さんに健康診断に連れていきましょうとも書いてある。

でも…でも、

「病気です。治りません。死にます。」
とまでは言われないだろうけど、病気って言われたらどうしよう。
って、それだけで耐えられないと思って獣医さんに連れて行けなかったのです。

くろぢくん。

元気なんやけど、良く寝るのです。
いつも、うつらうつらしている感じ。

最初は、緊張していてよく寝られないのかと思ったけど、しろぢは眠そうにしていない。
くろぢだけが常にうつらうつらしている感じ。

ゴハンのときとか、遊んでやっているときは大丈夫やけど…


おふたりともおねんね中

20081225.jpg


風邪が治ってある朝のこと、餌をやっていたときのこと。
餌を食べた直後に、

ごんっ

って音を立ててよろけました。

!!(゚ロ゚屮)屮

やばい!完全におかしい!

ということで、すぐに野洲の獣医さんに連れて行きました。



私 「文鳥を飼い始めました。」

獣 「あらあら」(はなじろうが亡くなったのに、耐えられなかったのねーという反応)

私 「桜文鳥と、白文鳥を飼ったのです。」

獣 「具合が悪いのはどっち?お名前は?」

私 「桜文鳥のクロです(なぜか"くろぢ"といえない…)」

獣 「一応両方診ましょうね。白文鳥の方は…シロちゃん??」

私 「はい。。。」


完全に読まれてるよ!!

くろぢは呼吸器系が悪かったみたいです。
投薬治療と通院で約2ヶ月かかりました。

良い医者…求む… 3

新年明けて、5日。

風邪ひきました(;´д`)
熱が38度以上でて、体の節々が痛く、とにかくのどが痛い!!

インフルエンザ??とか思い、ダンナちゃんにはちゅー禁止令発令。

どうしよう。実家に逃げようか。
でも…電車に乗るのなんか無理。

医者に行かねば!
でも…歩いていく元気も無い。無理無理。

結局、市販薬を飲んで乗り切った。

やっと動けるようになったとき、比較的家の近くにある内科に行った。
「インフルエンザかなぁ。熱が下がってから検査やっても意味ないですけどやります?」

意味が無いなら…やる必要ないよね。

とにかくのどが痛いと言う事で、抗生物質をもらったけど、

全然効かなかったよ


しかも、カルテの名前、ヨミガナをしっかりと書いたにも関わらず間違ってたよ。

まあ、読みにくい名前ではあるけれど、患者の取り違えの問題やら、色々と気をつけないといけない病院がこういうことだと、二度と行く気にはならないね。
いかないよ。

仕事帰りにダンナにおかゆやスポドリ、ミネラルウォーターを買って来てもらったりして。

私は何もできずに、ただ寝ているだけ。
いや。何も出来なかったらまだマシだったかも。

とにかく咳が止まらなくて、一晩中寝られないほど咳き込んでいた。
ご・ごめんよ。うるさくて。

しかし、ダンナはすごく寝つきがよい人で、しかも一度寝たらほとんど目を醒ますことがないという人。
全然気になってなかったようです。

結局完治するには2週間ほどかかりました。

さて。
私、結婚するちょっと前から心身ともに仕事が出来ない状態だったのです。
結婚したからと言って、専業主婦になるつもりは無かった。

気持ちがすごくあせっていて、でも身体はうまく動かなくて、カラカラ空回り~。
そんな気持ちが、

体が動かなくて何にもできないよ。

という状態に陥ってしまってから、できんもんはしゃあないわ~と思えるようになり、
風邪がよくなるのと同時に、鬱々とした気分もよくなっていきました。

その後もたまに頓服薬が必要なときがあったり、不安な症状に陥るけど、何とか普通に?過ごせるようになったのでした。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる