青春18きっぷ たま駅長に会いに行きますっ

たま駅長に会いに行くのでゅう~。←なんとなくタラちゃん風

青春18きっぷで青春です。

以下、うざいほど写真が続きます。
愛です。

まず、たま電車。こんなインテリアのお部屋が欲しい~。
TAMA 1 TAMA 2 TAMA 3 TAMA 4

TAMA 5 TAMA 6 TAMA 7 TAMA 8

TAMA 9 TAMA 10 TAMA 11 TAMA 12

TAMA 13 TAMA 14 TAMA 15 TAMA 16

TAMA 17 TAMA 18 TAMA 19 TAMA 20

TAMA 21 TAMA 22 TAMA 23 TAMA 24

TAMA 25 TAMA 26 TAMA 27 TAMA 28

TAMA 29 TAMA 30 TAMA 31 TAMA 32

TAMA 33 TAMA 34 TAMA 35 TAMA 36

TAMA 37 TAMA 38 TAMA 39 TAMA 40

TAMA 41

なんか、画像が壊れていたり、土足のまま座席に座っているお子様たちがいて
いらっとしたのですが、気にしないでおきましょう。

駅長がいらっしゃる貴志駅です。
TAMA 42 TAMA 44 TAMA 45 TAMA 46

TAMA 47
売店で売っている紙コップまで、商売っ気たっぷりです。
でも、かわいいからゆるす。

そして、駅長~!!!
TAMA 48 TAMA 49
お休み中…。

なんだか、珍獣を見に来る動物園のようだ。
ずらーっと並んで、駅長に会いに行きます。
TAMA 50

駅には色んな物が…。
TAMA 51 TAMA 52 TAMA 53 TAMA 54
そうそう。
駅舎まで改装して、がんばったよね~。
でも、町の方まで出て行かないから、町の活性化になったんやろか?
猫カフェでも作って集客とか…考えないみたいだ。

帰りはいちご電車
実は、いちご電車を押したかったみたいです。
TAMA 55 TAMA 56 TAMA 57 TAMA 58

TAMA 59 TAMA 60 TAMA 61 TAMA 62
一応写真は撮ったけど、あきらかに力の入れようが違う。

言ってみれば、第一子と第二子のアルバムの厚さの違いのようです。

かわいいドロップ。中身はサクマ。
TAMA 63

おっと。いちご電車でゴスロリちゃん発見。
雰囲気に似合っているが、こんな田舎(失礼ですが…)からどこに行くのだろう?
TAMA 64

たま駅長…ちょっとかわいそうかな~と思わないことはないけど、
何をされても気にしない猫もいるから、きっと幸せなんだろう…と思いたい。

できれば、なでなでしたかったなぁ~。

青春18切符 敦賀~綾部~姫路

青春18きっぷを買ったので、ダンナさんとおでかけです。
青春だね!

なんだかよくわからないけど、ぐるっと回りたいらしい。
鉄では無いと言いながら、なにかと詳しいダンナさんだったりする。

まずは敦賀まで。つがるではありませんよ。つ・る・が。
誰に言ってるって自分にですわ。

敦賀の街は、なぜか知らないけど松本零士押し。
出身地かなんかでしょ。と深く考えてなかったけど、この記事を書くにあたって調べてみた。
便利な世の中だ。

「かつては東京とパリを結ぶ「欧亜国際連絡列車」が敦賀港駅を経由して走り、敦賀は「日本でも有数の鉄道と港の町」でした。1999年に敦賀港開港100周年を記念して、市のイメージである「科学都市」「港」「駅」と敦賀市の将来像を重ね合わせて、「宇宙戦艦ヤマト」のブロンズ像12体、「銀河鉄道999」のブロンズ像18体の計28体のモニュメントを敦賀駅から気比神宮までのシンボルロードに設置しました。」

と、言うことらしいです。
ふーん。

コメントはさておいて、有名どころを。

銀河鉄道999から出発。
まずは、メーテルと鉄郎。
Tsuruga 1

メーテルのまつ毛と、横毛←?のくるくるが頑張っている感じです。
Tsuruga 2

機関車。シンプルでかわいいね。
Tsuruga 3

しゃちょーさん、でなくて、しゃしょうしゃん。
言いにくいな。車掌さん。
Tsuruga 4

こちらは、眼が頑張っている感じです。何故にここだけ金色?
Tsuruga 5

うーん。これは映画版の鉄郎さんですな。
私はマンガやアニメの顔の方が好きです。かわいくて。
Tsuruga 6

えーと。なんだっけな。これ。←ひどい
Tsuruga 7

松本零士とは関係ないけど、レトロな物発見~。
Tsuruga 8
Tsuruga 9


さて、999につられて通りを行くと、気比神宮に到着します。
Tsuruga 10

お参りして、しばし休憩の後、反対側を戻って行くと…

こんどは、宇宙戦艦ヤマトだ。

あ!そうか!鉄道と船なんや!と、今頃気がつく。

C-3POではありません。アナライザーです。
何を調べてたっけ?こいつ。
Tsuruga 11

古代進くんと…えーと…調べる…島大介くんだ。
みなさまは、どちらのファンでした?
なんかちょっと顔が怖い。
Tsuruga 12

わたしは、イスカンダルのスターシヤ
スジャータではありません。
Tsuruga 13

またまた素敵な?お店を発見。
Tsuruga 14

佐渡先生だっ。
Tsuruga 15

だら~っとみていると敦賀駅に戻ってこられました。

そして、小浜線に乗ります。
海で貝殻拾いたいと言う私の意見は却下されて、小浜線は通っただけでした。

でも、綾部駅では降りる!!
なぜなら、じじばばが住んでいた街なんですよね。
小学生くらいまでは、毎年夏休みになったら鈍行に乗って綾部まで来てました。

駅前にヴィラタウンという色んな店が入ったビルがあってね~。
何となく憧れでした。エアコンが効いて涼しかったし。

で、ヴィラタウン。
Ayabe 1

がつーん…

つぶれてる…廃墟…。

しかし、駅前は何もありませんでした。
こんなにさびれてたっけ?

ショックのあまり、姉達に写メを送ったりして…。


ここから帰るのかな?と思ったら、「播但線に乗る」とな。
ナニソレ?とりあえず、姫路に向かうらしい。

とりあえず福知山へ。
このあたりに父親の畑があります。
Ayabe 2

福知山で乗り換え。
赤い電車だっ。違う。電車とちゃう。
汽車=ディーゼルですよ。
Bantan lone 1

これまたレトロだわ。昔の山陰線を思いだします。
Bantan lone 2

ののんのんのん~と進んで行くと。

新井!と思ったら「にい」と読むらしい。
Bantan lone 4


のんびりゆったり。
姫路に到着すると…。

人身事故

駅に止まっていた電車で出発を待ってたけどなかなか出ない。
しびれを切らして、代替輸送で帰ります。

私は「山陽本線」と「山陽電車」の違いをここで初めて知りました(^_^;)

手慣れた駅員さん(事故多いしなぁJR)からこんな切符を貰った。
Jinshinjiko 1

足がつかれた…。
Jinshinjiko 3

これは何を撮ったんだろう?
Jinshinjiko 4

最後は疲れていて意味不明でしたが、なかなか…楽しかったです…。

次は途中下車して観光しようよ~。
まさに「乗り鉄」だよ…。

烏丸半島自転車の旅

琵琶湖の烏丸半島はハスの花が綺麗なので有名らしい。

そうだ!自転車で行ってみよう!

ハス!蓮!れんこん!!

綺麗です~。
烏丸半島 1

でもここは琵琶湖でなかったりする。
琵琶湖に至るまでにある田んぼの一画。

なんだか、今にでもお釈迦さまが出て来そう。←意味不明
烏丸半島 3
烏丸半島 4
烏丸半島 5
烏丸半島 6
烏丸半島 7
烏丸半島 8

烏丸半島への期待が膨らみますよ。

で、到着。

烏丸半島 12

いちめんの はすのはな いちめんの はすのはな いちめんの はすのはな

でも、ちょっと遠いわ~。さっきの方が近くで写真が撮れました(^_^;)
向うに見えるのは、近江富士(三上山)ざんす。

これは、あまり仕事をしていないと言う悪名高き風車です。
めざましテレビの「ムダシラ」とかいう、無駄な物を調べるトップに出て来たわ。
烏丸半島 13

ぐるーっと一蹴していると、絵を書いているおじさんを発見。
なんだか、このおじさん自身が絵になります。
なんとなくモネっぽい?
烏丸半島 17

ビーズタティング 八重桜のネックレス Tatting Necklace

八重桜をイメージしたネックレスです。

私は結婚式に興味はなかったものの、記念に写真くらいは撮っておきたいと思うようになり、ドレス着て写真撮ったのです。

プロにメイクしてもらいたいって言うのもありましたね。

その時にレンタルのアクセサリーがあまりにも安っぽかった(ゴメン…)ので自分で作ろう!!と思ったのですが…。

当時の私は何かしら計画を立てると、怪我したり、病気になったり…
と不吉な事が続くのです。

呪われていたとしか思えない。

この時も、散々入院直前まで体調を崩した後で、
もう大丈夫やろう!と思って作り始めたら、
指がぱっくり割れてしまって、痛くて作れなかったのです。

こらあかんわ…と思って、放置していました。

でも、道具入れの中で邪魔だったので、目的も無く仕上げてしまいました。

wedding necklace 1

八重桜をイメージしたネックレスです。

私は結婚式に興味はなかったものの、記念に写真くらいは撮っておきたいと思うようになり、ドレス着て写真撮ったのです。

プロにメイクしてもらいたいって言うのもありましたね。

その時にレンタルのアクセサリーがあまりにも安っぽかった(ゴメン…)ので自分で作ろう!!と思ったのですが…。

当時の私は何かしら計画を立てると、怪我したり、病気になったり…
と不吉な事が続くのです。

呪われていたとしか思えない。

この時も、散々入院直前まで体調を崩した後で、
もう大丈夫やろう!と思って作り始めたら、
指がぱっくり割れてしまって、痛くて作れなかったのです。

こらあかんわ…と思って、放置していました。

でも、道具入れの中で邪魔だったので、目的も無く仕上げてしまいました。

wedding necklace 3

紐の部分は後付けだったかな…忘れた。
その気になると切らすに作れますね。

お花は立体です~

wedding necklace 2


2010年8月9日頃作成

箱館山

一面のユリのお花畑…。
そんなポスターが私を誘った。

そう。ここは、冬はスキー場のゲレンデの場所。

夏は一面のユリのお花畑になるのです。

あまり興味がなさそうなダンナさんを、無理やり誘ってお花畑~。

雪がない原っぱだ~歩いて行けるけど、やっぱりリフトに乗りたいよね~。
箱舘山ゆり 2

ねえねえ、一面の原っぱだよ。お花畑は~?
箱舘山ゆり 3

…お花畑…

Nothing!!

ええええぇぇぇぇ。これってがっくり名所ですか(T_T)

山の上なので、景色は綺麗です。
湖北地方が見えます。
箱舘山ゆり 5

山頂は涼しくて、ダンナさんはお昼寝。
箱舘山ゆり 7

こちらの御家族はDV!?いや、家族団欒…?ですね。
箱舘山ゆり 9

てくてく歩いて移動すると、やっとあった~。
ユリですよ。百合。
箱舘山ゆり 12

でも、ポスターとは違うよな。
箱舘山ゆり 13

ひとつひとつを見ると、とっても綺麗です。」
箱舘山ゆり 15

変った色だ。
箱舘山ゆり 20

帰りもロープウエイとリフトで帰りますよ。
箱舘山ゆり 25

下りの眺めの方が壮観!です。
箱舘山ゆり 26

でも…ガラス張りの中は…とっても暑かったです。
箱舘山ゆり 27

うーん。
夏の山の上は気持がいいけど…期待したお花畑では無かったです。
もっと早い時期に行けばよかったのかな?
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる