クリスマスツリー Tatting Christmas Tree

骨折した膝に入れていたボルトを抜く手術をした時のこと。

1時間ほどで終わると言われた手術にかかった時間は約3時間…。
腰椎麻酔だったのでかなーり暇だったのでした。


ぼんやりとタティングに関する構想を時間もあり、ふとひらめいたのがクリスマスツリー。
うん。
こんなデザインにするとかわいいかも。

ということで、手術時の妄想?を形にしました。

christmas tree 2010

うわぁあぁ

ボケボケの写真ですみません。

上に糸が出ていて、金具をつけてぶら下げる事ができます。
もちろん、自立もします。

そして、めんどくさがり屋の私は、当然最小限の糸始末で出来ます。
画像は上に4本の糸が出ていますが(残り糸で作ったので…)、実際は2本ですみます。

最初、星の部分にチェコビーズをつけていたら、重くてかしいできました。
いろんなビーズを出してごそごそ。

結局、丸小が一番良かった…けど、久しぶりのビーズワークは何とも言えない形になってしまいました。(ていうか、間違えてる)

2010年9月29日頃作成

東尋坊

去年骨折した膝の抜釘手術を9月14日に行いました。
前回の入院の時のようにリハビリもない。
暇~。

前は1ヵ月間、足を付くことができなかったけど、翌日には割とさくさく歩いてました。
そんなわけで無理やり?9月17日に退院しました。

週末が近づくと、必ずと言っていいほど出てくる言葉。

「どこに行こう?」

なのですが、珍しくダンナさんが提案してくれました。


「東尋坊に行こう。」


東尋坊…といば自殺の名所ではありませんか~。
幽霊が出てくるコワイテレビが好きな私。

姉から、「東尋坊に行ったら、幽霊に引きこまれて海に落ちたり、幽霊が憑いたりして悪いことが怒るから行ったらあかん。」と言われていました。

だよね~。
崖には

ちょっとまて!!  とか、

命の電話      などの看板があるとか。

駐車場の公衆電話には幽霊が出るとか…


怖い…怖すぎる…


でも、せっかくの提案やし、行くところないから行くか…。


あんまり乗り気ではなかった。けど、海を見るのは好き。


国道305号線と行くのですが、途中で何だ??と思う看板を見つけた。
トンネルを越したところで、ダンナさんに「ここで止まって!!」と頼んだ。

うひょ~。

何これ??

2010091901.jpg
え~??
昔はこの下を国道が通ってたの??

今はトンネルになっていて、ここを迂回しています。

中央車線も残っているし、そんなに昔のお話ではないよね。

2010091903.jpg
「呼鳥門」と書いてある。

うわー。下に行きたい!!

でも、たくさんの落石がある。
しかも、人が次々に来て忍び込むことも出来ないわ~。

近くには「鳥糞岩」という渡り鳥の休憩ポイントがあるらしい。
糞で真っ白になっているんやって。

見に行きたい~
けど、通れなくなっている(T_T)

2010091902.jpg
このあたりの地質は見事な礫岩。

素敵だ~。
(地質学専攻なので、こういうの大好き)


東尋坊って…礫岩じゃなかったよね?確か。
テンションあがる~。

東尋坊が楽しみになってきましたよ。

2010091904.jpg
途中にはこういう風に道路にせり出した岩をくりぬいて作ったトンネルがある。
無理やり作った道だったんやなぁ。

昔は細い道で迂回していたと思うけど。
すごい。

何がって…危険よね…(^_^;)

という事で、東尋坊に到着!!

まがまがしい雰囲気…を期待していた?のですが、


人だらけ!!
ねこもいっぱい!!


うーん。
お土産屋さんや食事ができるところがずらーっと並び…

何だか、京都の三年坂に似ているよ…。

うーん。
幽霊…

いそうにない。

2010091905.jpg
何だか…思ったより激しくない崖ですよ…。

2010091906.jpg
下に降りると、まあ高い崖やなぁ…とは思うけど。

しかし、この人々…
自殺希望者の列か?とか言いながら見物した。

人でいっぱいで、かなり観光地化されてます。
遊覧船も出ていて海からの眺めが見られるようになっています。

うーん。

ちょっとがっかり。


2010091908.jpg
切り立った崖、綺麗な浸食地形ではありますけど。。。

あ。そうそう。
安山岩でしたわ。地質は。


冬の風が強い誰も来ないような日に来ると、それなりの雰囲気…禍々しさがあるのやろうか?

抜釘手術

前回は何となく生きる事に必死な感じでした。

今回は余裕??

人間、麻酔をかけられると何となく抵抗したくなるもんです。
(私だけか?)

足の指を動かしたり、膝に力を入れてみたり…。

そのせいか?麻酔のかかりかたが少し遅くて、そわそわと先生や看護師さんが準備をしている。
前はすぐにかかったような気がするけど…。

「麻酔がかかるまで絶対に切らないで下さいよ!!」と叫ぶ臆病者…。

麻酔がかからないので、先生がふらーっと見に来た。

「何だか、簡単に麻酔がかかると、負けたような気分になるんですよね。」と言うと、

「あんまり頑張らないでくださいよ~。」と笑顔で返された。
この先生は笑顔がチャーミングな癒し系なのです。


やっとこさ、「おねがいします。」とスタッフがあいさつしたので、
「おねがいしまーす。」と私も参加する。

看護師さんに「もう始まってますよ。」と言われ、え??
まだ少し感覚があるのですが…。

関節鏡を使ってのオペだったので、皮膚の下というか、膝の中をぐりぐりと何かが移動しているのがわかる。

ちょー。気持ち悪い~。
そうこうしているうちに、かなり上の方まで麻酔はかかったのですが。


今回はモニターが私の右上方にあり、画面が見えた。
うーん。
見たい。

看護師さんが、「ネジが写っているのわかりますかー?」と言う。

「私、目が悪くて全然見えないんですよー。」と言うと、
「眼鏡持ってきてもらったらよかったですね。」と言われた。

え?病棟では、一切の金属類、装飾類、浮いているもの(入れ歯とか)を外すように言われたのに…。

「持ってきていいんですか?」と聞くと、
「いいですよー。」と言われた。

あーん。残念。
でも、病棟の看護師はいくらオペ室がいいって言っても、絶対にアカンて言うやろな。

「ドライバー」

…ドライバー使うんか…
プラス?マイナス?

キュイーンと電動式のドライバーらしきものが回る音がする。

ゴン!!

ゴン…て…、ゴンっていったよ!!
あれですよ。

木にねじ込んだネジを、途中まで抜いて、無理やりひっこぬいたような衝撃。

麻酔がかかっていても衝撃は伝わる。


暫くすると、またキュイーン…

ゴン!!


またやられたよ。もう少し丁寧に扱ってほしいもんだ。
って、こんなもんなのか…?


その後、ごそごそ…。

「ここをこうして…」
「こっちの方向から…」

うっすらと色の違いだけがわかるモニターを見ていたけど、いい加減あきてきた。


えーと。何分くらいたったの?

オペ中、好きな音楽をかけてくれる。
自分が持っていったものでもOK。
なのに、私ったら充電器を忘れて使えない状態。

なので、てきとーに。というと、

「こわーれ かけーの れいでぃお~」

って、誰の趣味??
私が好きそうな曲って思われた??


何度かは知っている曲を鼻歌で歌っていた。
えーと。

ラジオは何回壊れましたか?


眠くてうとうと…。

先生たちは、何かと格闘している。



背中が痛い!!
って、前回のオペは3時間かかって、体制が変えられなくて、めっちゃ背中が痛くなったのよ!!

また同じように痛いよ??


実は、両手はモニターをつけられて固定されているんですよね。
顔が痒くてもかけない。

「あのー。手がだるいんですけどー。」と言うと、

「あ。もういいですよ。おなかの上に置いて下さい。」と言われた。


手術の前半だけに必要な行為なのか…。

もしかして…。


いや、多分…。


麻酔が効いてないままで切った時に暴れられないようにするために縛っている??

前回の経験から、上半身をなんぼ動かしても下半身は動かないことは分かっている。


もそもそ…。

1時間って言ってたけど、ラジオはもう4回は壊れてるし…
いや、厳密に言うと、壊れかけているだけで壊れてないのか?


もそもそ…。


なんとなーく、先生たちの焦燥感が伝わってくる。
だんだん心配になってきた。

ネジは途中で折れたりすることがあるって。

バキって折れて中に残ったら、飛行機に乗るたびに言い訳せなあかんの?英語でなんて言うの?

Bolt is in my knee.

いや、それより、MRIどうすんのさ。


結構時間がかかっているような気がする。
麻酔が途中で切れたりしたら…

いやいや。それよりも、「次回にしましょー」とか言われたら??


もう嫌やで!!

などと、悶々と考えていたら、


「おおお~。」と歓声が上がった。

え?なになに?

「何ですかー?私もよせてー。」

と言うと、看護師さんが、
「最後のボルトが回りました。」と教えてくれた。


キュイーン…

ゴン!!



やったぁぁぁぁ


という空気が伝わってきた。


先生が嬉しそうに、「これが取れたボルトです。」と言って持ってきてくれた。

前の診察で約束していたので、「そのボルトくださいねー。」と言うと笑って「忘れてませんよ~。」と言われた。


オペ室にお迎えに来てくれた看護師さんが「時間かかりましたね~。」と言った。

「何だか、なかなか抜けなかったみたいですよ。」と言うと、
「それやったらいいけど、何かあったのかと思って…」って、何かあったら困るよ。

「何時ですか?」と聞くと、
「もうすぐ4時。」

え?

前と同じ、3時間ですか??

道理で背中が痛いはずだ。


待っていたダンナちゃんは疲れていた。

「いや、最初から長いってわかっているとええけどな。」


ごめんね。心配かけて…

と思ったら、


「どれだけ寝ててええか、わからんやん。」


ムキー!!心配は??

思い起こせば…

去年の今日、退院しました

そして、明日入院します。
膝に打ち込んでいるボルトを抜きます。

今度の入院は1週間弱の予定なので、週末には帰りますよ~。

なのに、「最後の…」をいくつしたことか!!


ということで、最後の日記でした。

みなさん、ごきげんよう。

タティングのベルト Tatting decorated belt

体型がもっさりしてしまったので、ウエストをマークするベルトでも作ってごまかそうかと…

belt100907-2.jpg

こんな風にですね。

でも、結局ベルトには使ってません。
二重巻のラリエットとして使用しています。

belt100907-1.jpg

お気に入りのひとつです。
時々お出かけの時につけていきます。

2010年9月7日頃作成
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる