高嶋タティング シースルーブラウス

3月の終わりごろからコツコツと作っておりまして…

2013052201.jpg

教室で習ったシースルーブラウスです。
ん?こういう洋服をブラウスというのか?

ファッションのことはよくわかりませんが、作り方にそう書いてあったので。

やっと完成~(^^)/
と言いたかったのですが、でぶった私の体型に合わせて作ったのがよくありませんでした。
糸が足りなくなりました…。

シンプルなワンピースの上に、さらっと羽織るようなものを作りたかったのです。
なので、横幅が広がった分、長さが足りなくなってしまいました(T_T)

近くで見ると、胸の下あたりにこの模様が入ってます。
2013052202.jpg

まあ…なんていうんですかね…

鎖帷子みたい???

細い糸で作ったのが良くなかったようです…。

長さが足りない分は、この糸に合うのを探して作ろうかと。
このまま鎖帷子を続けるのではなく、大きめのモチーフを入れたいと考えています。

とりあえず、糸を探さないと~。

んー…でも…やっぱり…

いい糸が見つかったら、これはボツにして作り直すかも…
ああ。それとも実用品でなく、作品と言うか参考資料として仕上げる?
どうしようかなぁ。。。


ところで、この糸はカセで購入しました。
巻き巻きする道具がないので、原始的←?に
2013052203.jpg

こんなことをしたら、全然優雅じゃないので、よいこは真似をしないでくださいね。
巻くだけで一時間かかりました…。

おけいはん 石坂(石山坂本)線

旅行から帰ってきた翌日だというのに…
「どこかに出かけたい」「一日中家にいると余計に疲れる」とか…

どんだけ元気なん?うちのダンナさん。

出かけたいところはないけれど、出かけたいというのが一番厄介なのよね~。

ほんまに近場では行きつくした感がある。

唯一行ってないところ。

滋賀県のおけいはん

てことで、一日乗車券を買って、沿線をウロウロすることにした。

まず、

「瀬田の唐橋」って行った事ないよねー。ってことで…


2013 0506 003 2013 0506 004 2013 0506 006

赤色でもないし…変な色。
そういえば、ここ、橋の塗り直しの色を巡ってなんか騒ぎになってました。
結局、元の姿に近いものにしたとか。

ってことは、木をイメージしているのか。

瀬田川に沈んでいたと思われる自転車。
2013 0506 007

橋を渡っているときに気が付いた。
欄干の頭(なんていうの?)に色々と文字が書いてあるのだ。

「勢多橋」って書いてある。
2013 0506 008

古い文字を消したものや…
2013 0506 009

ここを修繕した時のこととか書いてある。
2013 0506 010 2013 0506 011

なかなか、興味深いです。

ここは街道沿いなので、古い街並みが残ってます。
2013 0506 001 2013 0506 012

こんな金物屋さんに憧れるわ~。


さて、おけいはん。特急電車もどきです。
2013 0506 013

次は、ここも行った事がない、「近江神宮」
昭和天皇に関係する神社のようで、まだ新しい神社です。
「ちはやふる」っていう漫画と関係があるらしい。私は知らなかったけど。
2013 0506 014 2013 0506 015 2013 0506 016

時の記念日も関係あるのかな?よく知らない。
2013 0506 017 2013 0506 018 2013 0506 019

綺麗なつくりやな~。
2013 0506 020 2013 0506 021 2013 0506 023

ところで、ここの近くにおけいはんの車庫?事務所?があるのですが、

とても現役とは思えないボロボロの電車や、建物から電車が生えているものが…。
ナニコレ
2013 0506 024 2013 0506 025

次は日吉大社
何度か行っているけど、まあついでにお猿さんに会いに?
2013 0506 026 2013 0506 027 2013 0506 030

なんか、変なワケノワカラン芸術展みたいなのを敷地でやってました。
これもゲイジツなんでしょうね~。
2013 0506 037

御神馬…本物はいないのか…これでいいのかっ。
2013 0506 053

そして、お猿さん。前は近くに野生のサルがいたけど、今日はいないみたいです。
2013 0506 056 2013 0506 058 2013 0506 059

お猿さんは外に落ちている餌が食べたいようです。

静かできれいな境内です。いろいろ改装中でしたが。
2013 0506 060 2013 0506 061 2013 0506 062

花嫁さんもいたよ。綺麗…だけど、色々と大変そうでした。
2013 0506 063

最後に…狛犬のおしり。
こんなんやったんや~今まで気にしたことなかったです。
2013 0506 065

さて。
これで滋賀県内の鉄道は制覇しました。

次はどこに行くんだ?

2013 GW 兵庫県北部の旅 Day2-3 玄武洞~帰宅

今回の旅の最後の目的地。

「玄武洞」

玄さん、いるかな?
と思って出没情報を調べてみると、今まさにこの時間来ているらしい~!!

玄さーん!!!GoGoGo!!!

いたー!いえ、いらっさいましたー!!

記念撮影に応じられてました。
2013 0505 080 2013 0505 081

握手して写真撮っておしゃべりしたいけど…。

玄武洞が私を呼んでいる…。

2013 0505 086

この洞窟は、採掘によってできたもので、自然のものではありません。
2013 0505 082

見事な柱状節理。
2013 0505 085

あ。玄さんが一人でさみしく佇んでいる。
チャーンス!!と思ったのに、去ってしまわれました。シクシク。
2013 0505 087

ここには、いくつか洞窟があるのです。

青龍洞
2013 0505 088 2013 0505 089 2013 0505 090
2013 0505 091 2013 0505 092 2013 0505 094

見事な柱状節理~。そうそう。
何を採掘しているのかと言うと、この柱状節理がうまく建材として使えたようです。

他にも洞窟があったけど、崩れる危険があるとのことで近寄れませんでした…。
シクシク。中に入りたい勢いなのに。。。
2013 0505 097 2013 0505 098 2013 0505 099

2013 0505 100 2013 0505 102 2013 0505 103

もともと節理で割れているので、採掘しやすかっただろうな。
石垣に使ってある柱状節理。
2013 0505 104 2013 0505 111

柱状節理を説明する玄さん
2013 0505 106 2013 0505 107 2013 0505 108


玄武洞を満喫した後は、ちょっと遅いお昼ご飯を食べに出石へ。

もちろん、蕎麦!
2013 0505 112

…実はこのお店、あんまりおいしくなかった。
前に行った時のお店の方がよかったな。

とりあえず、記念撮影
2013 0505 113 2013 0505 116 2013 0505 117

高速道路の京都縦貫道と名神高速道路がつながったんですよね。
とっても便利になりました。
道路もきれい。トンネルの中もピカピカー。
2013 0505 118

今回の旅行も楽しかったな~。でも餘部鉄橋渡りたかったな~。
ね~

ってことで、自分へのお土産。
2013 0505 122

青春18きっぷで餘部に行こうかな…。

2013 GW 兵庫県北部の旅 Day2-2 かすみ丸

餘部鉄橋を列車で渡りたかった…

ぶつぶつぶつ

私の不機嫌さを悟ったのか、
海からジオパークを眺めたいな~と思っていた私の心がわかったのか、
遊覧船に乗ろうと言われた~。

なので、ここらで有名な三姉妹船長がやっている遊覧船に乗ることにした。

日にちや天候によってコースは変わるそうです。
私たちが乗ったのは、2コース:香住~鎧の袖・松ヶ鼻沖一周でした。

ここは日本ジオパークに認定されていて、昔の火山活動による岩石が露出しているのですが、
組成が流紋岩質・安山岩質・デイサイトのほかに火山活動以前の堆積岩など、
色々なものが見られるのが世にも珍しいのです。

三姉妹のJr(三姉妹の子供の三姉妹)もやっているらしいけど、
この日はおばちゃん三姉妹の次女さんが船長でした。
2013 0505 073 2013 0505 021

イカ釣り漁船と高校の練習船です。立派な練習船ね~。
2013 0505 022 2013 0505 072

では、あまり詳しくは覚えていないけど、気に入った風景を。
2013 0505 030 2013 0505 033 2013 0505 035

右の写真のように、穴が開いているところがいっぱいあるそうです。
2013 0505 045 2013 0505 047

私が一番見たかったのはココ。「鎧の袖」
昔の武士が着ていた鎧の袖に似ているから名づけられました。
柱状節理がきれいね~。
2013 0505 050 2013 0505 051 2013 0505 055

インディアンの酋長さんの横顔です。ほんま、そっくり。
2013 0505 058

ウミウ(海鵜)休憩中
2013 0505 059


2013 0505 061 2013 0505 062 2013 0505 065

これは古い堆積岩がその後の火山活動によって押し上げられたものです。
綺麗ね~シマシマ。
2013 0505 066

足の裏
2013 0505 071

たっぷり一時間楽しんだ後、近くにあるというカエルの岩に行きました。

カエル。
2013 0505 075

ここの上にある展望台へお散歩
海がきれい
2013 0505 077

そして今度はウシ。わかるかな?
2013 0505 078

さて。ここからおうちに帰る方向です。
玄武洞に行くのだ~。

かなり私の趣味の旅だな。

2013 GW 兵庫県北部の旅 Day2-1 餘部鉄橋

本日は晴天なり

前日行けなかった餘部鉄橋へリベンジ!

私、知らなかったのですが「餘部駅」って鉄橋の上にあるんですよね…。
40mもの山を登って駅に行くのです。
足腰の弱いご年配の方には絶対に無理~だと思う。

てか、餘部駅がこんな高いことろに存在することを知りませんでした。
山陰線がここを開通した当初、餘部駅はなかったそうです。
この集落の人たちは、昨日行った「鎧駅」まで鉄橋の上を歩いて行ったそうです。

トンネルもあって、慣れたら歩くのへっちゃらだっていう証言があるみたいやど…

楽しそう…私も渡ってみたい…とか思ってしまったフトドキモノです。

家より上に橋があります。
新築中の家…いいなぁ。こんな長めのいいところにおうちがあって。
2013 0505 001

下から見上げたところ
2013 0505 003

明治時代にこんな大きなものを作れたなんて…
日本の技術力はすごいよなぁ。
2013 0505 002

鉄橋の下には「道の駅」
鉄橋の上には「空の駅」
2013 0505 005

昔の鉄橋の一部を使ったと思われるベンチ
素敵な駅だな~。あ。ちなみに入場料なしで入れましたよ。
2013 0505 016


旧橋梁の一部が保存されていて、展望台になっています。
お花がきれいに飾ってあったけど…なぜか拝まないといけない気分になるのは、なぜ?
2013 0505 014

昔の線路も一部残っていて、展望台につながる道となっています。
2013 0505 015

危なくないように、きっちりと展望台は囲まれています。
その向こうにはぶった切られた昔の線路が。
2013 0505 011

下が見える部分があります~。東京タワーみたい。
高いところのお約束?
2013 0505 008

遠く、日本海が見られます。
吹きっさらしよねぇ…以前、風の影響で列車が鉄橋から落ちた事故があったのです。
無理もない…という感じです。
2013 0505 009

列車が来た~
2013 0505 017

去った~………乗りたかったな…
2013 0505 018

私、相当乗る気でいたのに、ダンナさんに却下されました。
ぐすん。
「事前の下調べが必要」と言われたけど、今までそんな事して旅行したことないやん…(T_T)

手前半分が旧橋梁です。
2013 0505 020

そして、道の駅で買ってしまったお土産…
2013 0505 122
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる