金勝アルプス歩き3 鶏冠山~天狗岩

今日も金勝アルプスです。

本日のコースはこちら。ちょっと違うかもしれない。
だって、更新したの約2年後…
20131027map.jpg

鶏冠山は登り下りが多い…ギザギザの山…ということで、
山がニワトリのとさかに見えるから名付けられたとかなんとか。
た・確かに登ったり下ったりの連続…。ちょっとしんどい。

子鶏冠山到着。鶏冠山よりは低いピークってことね。たぶん。
ほら、「山」の字も小さいし。。。

眺めはまあまあ。栗東トレセンが見える!
おうまさんは走ってないなぁ。
もっと早い時間に走ってるんとちゃうかと、夫さんが言う。そうかー。
2013102701.jpg 2013102702.jpg

鶏冠山到着!
…でも…眺望悪し。お約束の三角点。
2013102704.jpg 2013102705.jpg 2013102706.jpg

尾根道を歩いていきます。尾根歩きは好きだ。
眺めもいいし。まだ紅葉にはちょっと早い。
2013102707.jpg 2013102708.jpg

岩を持ち上げる振りをする夫。
実際はこれくらいの支点で支えられてる。よく落ちないね。
2013102710.jpg 2013102712.jpg

この山は変わった形の岩「奇岩」が多く、眺めも良し。
2013102715.jpg 2013102716.jpg 2013102717.jpg

2013102718.jpg 2013102719.jpg 2013102720.jpg

ロープを使ってがっつり登ります!って感じやけど、実際は大したことない。
2013102722.jpg

「天狗岩」
こんな注意書きがあるから、かなりの覚悟を持って行かねば!!と思っていたけど、
実際はじじばばでも登れるくらい(^^;
油断や過信は禁物ですけど、ふつうに気をつければ登れる程度でした。
この感想は個人の見解です」 と小さく通販のような但し書きをしておく。
結構大変!って書いてあるブログ多かったけど。
2013102724.jpg 2013102725.jpg

あー。でもね、降りる時やったんですが、私の真後ろにピタッとくっついてついてくるオバサンがいたのです。
危ないな…と思って、先に行くよう促したら、「いいえ。お先にどうぞ」と言う。
先に降りると、またぴったりと…。

「先に行ってください。後ろにぴったりと付かれると危ないから。」
と言うと、意味が分からなかったようです。

おまえが足を滑らしたら、私が巻き添えになるやろが~!!!
と怒りを覚えるくらい。
おそらく本人は、若い人には負けないわって思ってくっついてきたと思うのですが。
マナーを知らん人はこれやから困ります。

気を取り直して、頂上の風景。そして、くつろぐ人。(知らん人)
2013102727.jpg 2013102729.jpg

そして再び奇岩たち
2013102726.jpg 2013102731.jpg 2013102732.jpg

2013102733.jpg 2013102734.jpg 2013102735.jpg

2013102736.jpg 2013102739.jpg

この辺りの山は、昔京都や滋賀の寺院を建てるために、木材を伐採しまくってハゲ山になったそうです。
で、山腹工を施して山を復活させたとか。
2013102737.jpg

そんなこんなで治水のために作られたオランダ堰堤
2013102743.jpg 2013102744.jpg

どうでもいいけどゼノリス
2013102745.jpg

秋のきのこ祭りとお花
2013102703.jpg 2013102721.jpg 2013102723.jpg

2013102742.jpg 2013102740.jpg


実は、先日の台風以来こんな標識があちこちにありまして…
でも他にも山に入っている人いたし、それより何より駐車場の係の人も何も言ってこなかったし…
どうしたもんだか。
2013102741.jpg

クロバーメールマガジン プレゼント当選!

クロバーさんのメルマガで、150号記念プレゼントという企画があったので、応募してみました。

そしたら、なんと当選しました~(^o^)丿

応募したのは、

◎ブロックアフガンであったかコース
(ほかほかアームウォーマーが2組編めるセットです)
 手づくりブック「ブロックアフガンクロッシェ」+
 ランドネーゼ(61-293)2玉+かぎ針「アミュレ」8/0号

2013102101.jpg

プレゼントというのは、うれしいもんです。
しかも、作るという楽しみがある。

2013102102.jpg

アームウォーマー作りました。

糸が余ったので…

2013102103.jpg

お弁当を入れる、小さなバッグも作りました。

ロングピッチの糸なので、見るところで全然雰囲気が違う。
柔らかくてよい糸でした。
ブロックアフガン編みも初めてやったけど、楽しかったです。

三上山登山

近江富士と呼ばれる、三上山に登りました。

ルートは、「表登山道」「裏登山道」の2つのルートがあります。
表は健脚向きと書いてありました。

今回は、のぼりは表登山道、くだりは裏登山道を行くことにしました。

以前、一度登ったはずなのですが…めっちゃしんどかったです。
なんやろ。息が切れた。

体力不足というよりは、単なる老化現象でしょうか。
はぁはぁ。

山頂の少し下にある展望所。
ええ眺めです。
2013101201.jpg

新幹線もよく見えます。
2013101202.jpg

うちの家のあたりもよく見えます。
2013101203.jpg

遠景です。
2013101204.jpg

山頂付近には神社があります。
2013101205.jpg

鳥居の上でたなびく、日の丸。
2013101206.jpg

山頂は鬱蒼としていて、いい景色は見えません。
ベンチがあったので、モソモソと昼食。
2013101207.jpg

お約束の三角点。
2013101208.jpg

帰りの裏登山道はらくちんでした~。

麓からも日の丸が見えますよん。
2013101209.jpg

金勝アルプス歩き 2 猫岩発見!! オランダ堰堤~逆さ観音~たまみずきの道 

前回のハイキングでは靴に泣かされたので、ちゃんと靴買いに行きました。
リュックも買って準備万端。

ということで、お出かけ。

今日のルートは、靴の慣らしを兼ねているので、緩やかそうなコースで。

湖南アルプスマップ

さて。駐車場に行くと、ガラガラでした。
そして、登山道入り口には「立ち入り禁止」と書かれている。

でも…駐車場の人達は、「山に入っては行けません」とは言わない。
そして、もう一組、九州ナンバーの車に乗った親子連れも山に入っていった。
我々、二組しか駐車場にいない…。

大丈夫なん?

ま。危険そうなら引き返すか…。

オランダ堰堤がかかる川に向かうと、水がきれい~。
20131005 001

そして、オランダ堰堤!
20131005 002 20131005 003 20131005 004

昔、このあたりの山は伐採されまくってつるっばげだったらしいです。
で、治水のためにこの堰堤が作られたのです。
詳しくはこちら…→ http://www.aquabiwa.jp/biwazu/42/02.html

なんにせよ、素晴らしい遺産です。当時のまんま残っているんだからね。
20131005 005

コースを歩き出すと、廃墟のようなところがあって、なぜかオブジェが…。
ちと、コワイような、可愛いような…。
20131005 006 20131005 007 20131005 008

ちゃんとした、説明の看板発見です。
20131005 009

とにかく、水がきれい!
この辺は花崗岩地帯なので、水が間をとおってきれいなのかな。
20131005 011 20131005 012 20131005 013

台風の被害現場発見。
20131005 014

そして、逆さ観音。
20131005 015 20131005 016

よーく説明を読めばかいてあるのですが、オランダ堰堤を作るときに石材が足りなくなって
足場の石を取っていったらずり落ちたとか。
バチが当たらなくてよかったね。まあ、悪気があってやったんやないからね。
なんにせよ、割れなくてよかったです。

新名神の下をずずいっと通ります。
20131005 018 20131005 019

治山のための工事かな。
20131005 020

ここから、水晶谷線に入るのですが、わかりにくいこと、この上ない。
橋はないし(なくてもええけど)、道しるべもよくわからなかった。
けど、道は続いているのでこちらであろう。
20131005 021

ちょっとわかりにくいけれど、あちこちにこういう堰がありました。これも昔のものなのかな。
20131005 022

こちらは山腹工。
20131005 024 20131005 025

このコースは、ちょこちょこと川を渡らないといけません。
ちょっとワイルド?
道順わかりにくいけど、あちこちの木の枝に印がついているので、それが頼りです。
20131005 026 20131005 027

細く、ながーい道が続きます。この辺はシダだらけ。
20131005 029

これは治山用の砂防ダムの上流を取っているのですが、9月の台風で大雨降った時に
この高さまで水が来たのがわかります。
20131005 030

左に垂れているロープを掴んで登りますわよ…。
20131005 032

岩山です!しかし、ここの岩つるつるです~。
大雨で、表面の砂利が流れていったと思われます…。
ちょっとじゃりっとしているほうが、靴が引っかかって歩きやすいのに…。

私は耳の調子もあまりよくなく、フワフワした感じがするのでバランスが崩れそうで怖くて…。
なのに、夫さんはどんどん岩場に入っていきます。

おーい。コース外れてるよ。どこ行くの~?
私はコワイので行きませんよ。
20131005 033

そしたら、夫さんったら「猫がいる!!!」とか叫ぶのです。

はぁぁ??猫ぉ??
何言うてんや。さては、そんな事を言ってそっちの方に来させようって魂胆やな…

って思ってたら、嬉しそうに向こうの方を眺めている。
え?こんなところにホンマに猫がいるん?って思ったら…

猫や…
20131005 034

猫がおる。ホンマに。
20131005 035

ちゃんと目もついてる…。鼻らしきものもある。
20131005 038

猫に挨拶する夫さん。誰とでも友好条約を締結しようと考えていると思われる。
20131005 039

この辺りの山はいろんな岩山が多くて楽しいです。
20131005 036 20131005 037 20131005 040

これは、ちとゴリラっぽいです。でも、猫ほどの感動はない。
20131005 042

見晴らしがいいところで休憩。おにぎりがおいしい。
20131005 043 20131005 044

ここで、駐車場であった九州ナンバーの親子連れさんと出会いました。
反対方向からこちらに来たみたい。
「こっちきついですか?」とちょっとバテ気味のようです。

さて。降ります!

カエルみたいないわも発見!面白い岩が多いな~。
20131005 045

さっきくぐった新名神が、遥か下の方に見えます。
20131005 046

何か気を利かせて登山道を整備した形跡がありますが、全然役に立ってません。
だから、花崗岩地帯でこんな無駄なことやめましょうよ…。
ちゃんと地質の専門家の意見聞きましょうよ…。
20131005 047

再び水がきれいで、シダが生えるゾーンまで降りてきました。
20131005 048 20131005 050

この二枚重ねの岩、唇みたいで面白い~と一人でうけてました。
20131005 051

魚がいる!今日の晩御飯には小さいです。
20131005 052

雷に撃たれることを願っているような立木。
20131005 053

このまま駐車場にさっくりと帰ろうと思ったのに、道がわからなくて適当に歩いていたら、変な木の道に入ってしまった。
ユニバーサルだかたまみずきだか…まあ、大したことなさそうやしええか…。

山腹工の説明 元の山に戻すためにかなり苦労したのね。
20131005 054

台風の爪痕
20131005 055 20131005 056 20131005 057

しかし…このユニバーサルなたまみずきコース、しんどい!!!長い!!
私、人工的に作ったもの好きやけど、人工的な道ってすきとちゃうねん。
山を歩くのは気にならないけど、アスファルトを歩くのは嫌い!

我々が持ち歩いていた地図ではちょっとした寄り道っぽかったのに、
実際はずいぶんあるかされました。

あ。栗が落ちてる…。
20131005 058

しっかりと収穫し、晩御飯は栗ごはんです。
20131005 059

いや~この栗がなかったらキレてたわ。
って、道を間違えた我々が悪いんですね。

ちなみに、駐車場に帰ってきたら九州ナンバーの親子連れはいませんでした。
我々がユニバーサルにやられている間に帰って行ったようです。

帰りがけ、駐車場の人に「山に入れましたか?」と聞かれました。
…ここでは山の事は管理してないのね~(^^;

メダカ

先日亡くなったメダカの「うつぼちゃん」です。

2013100501.jpg

水槽をのぞくと、こちらに近寄ってきます。
どうよ。正面顔。かわいいよね。←親ばか

ちなみに、左側でちらりとこっちをみている黄色いヤツは、南アW杯のキャラクターです。
アフリカ土産でしたが、made in china です。

さて
お仲間が次々と亡くなり、一匹になりました。
かわいそうかな?と思って、お仲間を増やしました。
喧嘩せえへんか心配でしたが…。

2013100502.jpg

仲良くやってました。
カメラ目線が新入り、後ろ向いているのがうつぼちゃん

でもね、この後すぐにうつぼちゃんは亡くなりました。
水槽の下の方で口をパクパクさせて苦しそうでした。

あんまり苦しそうだから、水の中から出してやりたくなりました。
でもそれって、寿命を縮めるようなもんよね。
冷静になれ、私。

同じ時期に飼ったメダカが、ほぼ同時に亡くなりました。
晩年は痩せる→奇形(背骨が曲がる)でした。
それでも、餌は食べてたな。
食べることは生きることですかね。

そして、新入りちゃんの「ちびた」が「うつぼちゃん2号」に…(^^)

2013100503.jpg
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる