FC2ブログ

高嶋タティング Takashima Tatting

御存知でしょうか?

「高嶋タティング」

いわゆる、「かぎ針タティング」です。

難しいと言われるシャトルを使ったタティングを、簡単に出来る方法を高嶋寿子先生が考案されました。

"Hook Tatting" などと呼ばれる技法は昔からあります。

「高嶋タティング」は、かぎ針タティングでチェインを作る方法で特許を取得されました。

また、普通のかぎ針ではなく、糸を扱いやすいように特徴のある針先を考案されました。


簡単に説明すると…

針を芯にして目を作ります。
takashima 2

かぎ針に糸を引っ掛けて、中に通します。
takashima 3

引き抜いた糸を締めてリングを作ります。


こんな風に作るので、ほどくのが簡単!!
かぎ針編みのような感覚で作る事が出来ます。

takashima 4

「タティングするのにほどくのが面倒と言うのは言語道断」と
おっしゃる方もいますが、そんなMな方は放っておいて、
ほどく快感を味わって欲しいものです。←変な人みたい…


高嶋タティングの特徴は、糸を選ばないというところでしょうか。
もちろん、あまりにもぼこぼこの糸では作ることはできませんが。
画像の糸は麻糸です。

一方、針の太さ(細さ)に限界があるので、細糸には向きません。
エミーグランデくらいの太さの糸から極太糸までタティングすることができます。

シャトルのようにかっちりと作るというより、糸の風合いを生かした仕上がりになるのです。
洋服などを軽く柔らかに作ることができます。

かぎ針編みや棒針編みとコラボすることも可能なので、
タティングの世界が広がります。

時々、シャトルとニードル(かぎ針を含む)のどちらが優れているか
と言う事を話題にされる方がいますが、

そんなんどうでもよろしおす。

私はどちらにもこだわらず(先生ゴメン…)両者の「おいしいとこどり」をします。


高嶋タティングの作品は過去の記事にもありますし、
これからもどんどん発表していきたいと思います。 …ちょっと自信なさげ…

どんどんは無理だけど、マイペースで頑張ります。
チェックしてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる