疑問

ゼロ活力なべを入手した私。

初回の肉じゃがに引き続き、昨日は「魚を骨ごと食べる」をコンセプトに
早速実験開始する。

調理?いえいえ。実験。
私は実験好きですので。

実験はマテメソ(material and method)通りに進めるのが基本である。
それでうまくいかなかったら、条件を変えるわけ。

生成物はさんまのトマト煮。
まずは材料。さんま!
昨日お安かったのね~と買いに行ったらなかった…

がつーん。
仕方がないから安売りしていたアジの小さいのを買った。

トマトの水煮は家にあったはず…と思って家に帰ったらなかった…
そうだ。手抜きしようとパスタソースを買っていたんだった。

もう買い物に行く気力はない。
しかし、にんにくを刻んでしまった今、和風に方針変換するのは悔しい。
つけあわせの変更も面倒。
何となく棚を見ていると、ミネストローネの基みたいなのを見つけた。

これだ。
そして、冷蔵庫に眠っている熟しすぎたトマト。これだ。

レシピには材料を全部入れて煮込めと書いてある。
…にんにくは油で加熱したい。

と言う事で、オリーブオイルでにんにくを炒め、ついでにアジの表面も焼くことにした。

残りの材料を全部ぶち込んで、加熱→加圧。
オートクレーブ…とか考えてしまう。

しかし、もうマテメソをかなり逸脱しておりますわ。

と言う事でかなり適当に作った割には美味しく出来た。
しかーし、柔らかくなりすぎて鍋から救出する事が出来ず、
見かけは美しくない物に…。


うまうま~と食していたが、ここで生じた疑問。

魚を骨ごと食す意味は?カルシウム補給?

だいたい骨ごと食べると味が何だか違う。
というか、骨ごと食べるのは、やっぱり小さいイワシかアユくらいのものではないだろうか。
先日購入した調理済み本もろこも美味しかったが。

それに、食べられる部分が多いため、想定よりも多くの量を食べる事になってしまう。

うーん。
これは、姿形が残る程度で、背骨・頭等大きな骨組織は食べる際に排除し、
小骨は口に当たらない程度に柔らかく…というのが理想ではないだろうか?

よし。
次回は条件を変えて作って見る事にしよう。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる