リハビリ(初期)

とにかく、膝が現状通りに曲がるようにするのが目的のようです。

 

日本人は正座をする。

 

星座というのはすなわち、150°くらいまで曲げるということのようです。

これは亜脱臼に近い状態のようです。

目安として、かかとがお尻に付くようになるまで膝をぐいぐいと曲げていくのが目標なのです。

 

当然、正座する文化のない外国人はそんなに膝は曲がらない。

曲げる必要はない。

 

いいなぁ…

 

CPMという機械を使う。

足をセットすると、ウィーンウィーンと自動で曲げてくれるのです。

速さと角度が設定できる。

 

ところで、膝を曲げるということは、

膝のお皿を動かすということなのです。

 

なるほど。

固まっている。

 

リハビリの最初は、膝の皿をぐりぐりと動かすことから始まる。

 

とにかく、骨折をしたら最低1カ月、地面に足を付けることが禁止されるのです。

それまではひたすら膝を曲げるリハビリをする。

 

 

これと同時に、膝回りの筋肉も強化をする。

 

足の指の下あたりにゴムバンドをセットして、ひっぱりながらつま先を伸ばしたり、かかとを出して体の方に向けたりして鍛える。

 

膝の上の筋肉を鍛えないと、膝が伸びないのです。

 

そう。曲げるだけでなく、伸ばすのも重要なのですよ。

 

最初は笑えるほど、

曲がりません~

伸びません~

 

私の場合、曲げるほうは90°位の時に引っかかりがあって、「痛い」と感じた。

一つの関門という感じやった。

 

伸ばす方は、後ろの靭帯が切れている(のびている?)ので、どちらかというと膝が下に落ち込んでいた。

かっくーんて感じ。

 

リハビリの先生に曲げてもらったりするけれど、仰向けになって膝を壁につけて曲げていくのは自分でもできる。

 

暇なときは病室のベッドの上でやっていたら、看護師さんにびっくりされたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる