FC2ブログ

術後

痛い。

 

痛い痛い痛い

 

 

背中が痛い~!!!!

 

下半身は動かず、でも背中は動かしたい。

ベッドのフレームにしがみついて、必死に横になった。

 

右に~左に~

痛いよう(:_;)

 

あと、のど乾いた。おなかがすいた。

術後、4時間経って、おなかが動かないと水分を摂ってはいけない。

 

看護師さんが、麻酔の覚め具合と、おなかの動き具合を調べに来てくれる。

麻酔がさめているかは、触っているだけやけど。

 

麻酔がさめるときは、足がしびれたような気持ち悪い感じになるのかな…

と、考えていたけど、そんなことはなく、徐々に感覚が戻ってきた。

そして、戻ると…。

 

痛い

 

というより、重い!!!

とにかく重い。

重くてだるい。動かせない。

 

うーん。うーん。

となっていると、ダンナさまが「痛いか?」って聞いてくる。

「重い~」と答えていると、

 

ぐっと体を乗り出してきて、耳元でささやいた。

 

「象が乗っている感じか?」

 

私、しんどいんですよ。

何ですかその表現?

 

「何なんそれ??」

と聞くと、

 

「肩をけがをしたピッチャー(ガリクソンやったかなぁ)が、肩に象が乗っているみたいってゆーてたんや。」とのこと。

 

ああ。そうかも。

そうだよ。

象が乗っている感じだよ!!

 

象さんと戦いつつ、みずー。

水が飲みたい~。

 

おなかが動いているか調べに来た看護師さん。

一度目は「まだだめ。」

くそ!!

 

そして、やっと解禁!!!!

水分水分。

ポカリがこんなにおいしいなんて(*^_^*)

 

手術をした経験がある友人から、「術後、500ml×4本飲んだ。」と聞いていたので、

ダンナさまにお茶、スポドリ、ミネラルウォーターをたくさん買ってきてもらっていた。

 

ところで、水分を摂るということは、排泄もしないといけないのです。

トイレ、したくなったら言ってくださいと言われているけど、

ベットの上で、簡易トイレでしないといけない。

おまけに、看護師さんに手伝ってもらわないといけない。

 

「自力で排泄できないと、導尿します。」

と言われていたので必死になる。

 

おねしょしてるような、変な感覚やけど、なんとかできた。

 

そのベットで…お食事ですよ。

 

ハラヘッタ。

昨日の夜ごはん以来食べていない。

この日の夕食は完食でした。

 

人間ってすごいよね。

何があっても、体を治そうとするときは食べるんや。

 

夜になって、ダンナさまは帰って行った。

 

 

ありがとう。

実は、ちょうど会社が夏休みに入ったところで、休みは全部つぶれてしまった。

私は心強いけど、ダンナさまはしんどいやろな。

 

私はずっと、ダンナさまより先に死ぬ予定をしていた。

でも、

こんなに私のためにしてくれる。

結婚してよかったな。

ダンナさまより長生きをして、お墓を作って、埋葬してから死ぬと心に誓った一日でした。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる