FC2ブログ

手術前

結局、いびきがうるさくてよく寝られなかった。

看護士さんに、「緊張したの?寝不足みたいやけど。」と言われ、いびきがうるさかったと訴えようかと思ったけど、人の悪口いうのはなぁと思って黙っていた。

 


さて。絶飲絶食。

 

のどがかわく。口の中がカラカラ。

 


後で聞くと、うがいくらいはしてもよかったんだって!

それだけでも随分と違うよ~ (-_-メ)


 

 

そして、昨夜飲んだ下剤は、効く気配がない。

浣腸ですか??

嫌だ~。



 

ダンナさまが早くに来てくれた。

心強いです。


 

「浣腸しますね~」


なんてデリカシーのない看護師や!!ダンナさまの前で!!

 

しかし、嫌だといっても麻酔が効いたら下半身はゆるゆるで、惨事が起こることは間違いない。

 


しかし、


浣腸したことないです。


 

結局、心残りのまま排便してしまった。


 

とりあえず、ベッドに戻ると…

刺激されたのか?いまさら下剤が効いてきたのか?

 

すっきりと排便。


 

めでたし!



 

そして、次は点滴です。

私の手術は今日の2番目の手術で、前の手術が終わり次第やから正確な時間は聞いてない。

でも…

点滴、せんでええんかな…とダンナさまと話していた。



 

「今日の手術は何時って言ってました~??」と看護師さん。



 

はぁぁ???こっちが聞きたいんですけど??????


不信感はつのる。


 

しかし、手術前に余計なことは考えるまいと、脳みそが思考をブロックした。


「朝2番目って聞いてますけど…。」と言うと、

「点滴せなあかんな。」と去って行った。



 

ダンナさまと私、目が ・・テン・・


 

いや。わかってます。お忙しいのは。

患者は私一人でないことは。

でも…



 

バタバタバタ



 

「もう手術出しやって!!10分後!!点滴、うまく入るかな~」

「大丈夫です。私、失敗されたことありませんから。」

そう。わたしの血管は立派なのです。

 


「そんなこと言われたら失敗できひんから、余計に緊張するわ~」



 

すんなりとルートは取れて、手術室へ車椅子で

Go!!



 

まあ…いろいろと考える暇がなかったのは良かったかもしれないけど。


 

命にかかわる手術だったら、やっぱりゆっくりと家族と別れをしたいと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる