FC2ブログ

文鳥の聖地 弥富

前から行きたいな~行きたいな~と思っていた、文鳥飼いならだれもが憧れる

弥富

意外と滋賀から近かったです。もっと早く行けば良かった。

事前にネットで念入りに~念入りに~下調べ。

高速で弥富市に入ったところで、
あああああぁぁっぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁっぁぁぁ!!!!

看板に文鳥が…

高速道路だったので、止まって戻って~とも言えず、半分泣きながら通過。

弥富にいくみなさま、看板もお見逃しなく。

高速を降りたら、早速文鳥がお出迎え~

2011110201.jpg

そうそう。弥富は、金魚の産地でもあるのです。
近鉄弥富駅のトイレ(だったと思う…)
2011110202.jpg  2011110203.jpg

駅前にある塔
2011110205.jpg

ちゃんと文鳥いますよ
2011110206.jpg  2011110207.jpg

弥富に来て、ここに行かずにどこに行く?と、勝手に思っている
文鳥電話ボックス こ・この中に住みたい!
2011110208.jpg

いらっしゃ~い
2011110209.jpg

お・ち・り きゅぅぅぅぅぅとぉぉぉ
2011110210.jpg

しつこいほど続けます
2011110211.jpg  2011110212.jpg  2011110213.jpg  2011110214.jpg

記念写真
2011110215.jpg

文鳥に襲われるダンナさん 普段と変わらない風景だわ
2011110216.jpg

そうそう。金魚ね。いっぱいいます。
2011110217.jpg

そして、パディーと言うスーパー
中で、文鳥売ってないかと思ったけどいなかった…。
あ。いたら飼ってしまいそうなのでよかったのですが。
2011110218.jpg  2011110219.jpg  2011110220.jpg 

冷静になって考えてみてみると、これはもしかして…
ハト??
いいのです。細かい事は。文鳥です!!


弥富の博物館の壁 文鳥と金魚
2011110221.jpg  2011110222.jpg

小さいおじさんによる、弥富の解説
2011110223.jpg
文鳥も出て来たけど、うまく撮れなかったの(T_T)

文鳥グッズ
2011110231.jpg  2011110232.jpg  2011110233.jpg

「生鳥」…生でなかったら…ゴクリ…

文鳥の生産者が減っていると言う悲しい解説
2011110234.jpg  2011110235.jpg  2011110236.jpg


そして~
白文鳥発祥の地の石碑!又八神社…だったかな?
小さな神社なので、お見逃しなく…という感じです。
2011110237.jpg  2011110238.jpg  
2011110241.jpg  20111102382.jpg


こちらの駅前にも文鳥と金魚。文鳥だけアーップ!
2011110242.jpg  2011110243.jpg


お土産は 銘菓「弥富 文鳥の里」をどうぞ。 
他にも美味しそうな洋菓子が売っていたけど、目に入りませんでした。ごめんなさい~。
「桃の木」というお店だったと思います。

パッケージの文鳥がかわいい~。いわゆるブッセというお菓子になると思います。
2011110250.jpg  2011110251.jpg

文鳥さんの焼き印が押してあって、フィルムで包んでいる状態だと、籠に入っているようになるのです。
2011110252.jpg  2011110253.jpg


こちらは「ぶんちょうのたまご」というお菓子。
あれ~中身の写真がない~(T_T) どこかにあるはず…なのですが…。
これは冷凍保存されているようで、手土産には日持ちがしないので無理かな~という感じ。
スポンジ生地と生クリームのお菓子でした。スイーツッ。
2011110240.jpg

さて。
ものすごくいい加減なブログです。
なぜなら、この記事を一年後に書いたから…。
資料をどこかに入れてしまったので、また出てきたら追加記事を書く…

かも~。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる