淡路島

前日、ついに淡路島に行こうかという事になった。

ついにというのは、橋を渡るのにお金がかかるし…
私の予想では何だか面白そうだし…
行くのならお泊りで行きたいな~

と思っていたからです。

ダンナさんは「2回行けばええやん」と言う。
2回行くんやったら、安い宿に泊まれるやん(交通費で)という私の意見は却下された。

まあ…ええか…。
ゆっくりと2回行けばええか…。

とちょっとがっかりしながら行先決定。

行く方法(経路)は私はよくわからんのでダンナさん任せでしたが、
見事、渋滞に引っかかりました。

それでも、橋に来た時はうれしかったさ~。

はい。知る人ぞ知る、知らない人は知らない
私は巨大建造物好きでございます。
2013032301.jpg

いやん。素敵♡
2013032303.jpg

向うに見えるは淡路島~。
2013032304.jpg

ちょうどお昼時間に着いたのですが、ハイウエイオアシスは混んでいたので、
道の駅あわじに行くことにした。

橋の付け根にあってよく見えるのです。

橋の腹?
2013032305.jpg 2013032306.jpg 2013032307.jpg

道の駅に置いてあった、微妙にかわいくない犬。
何か関係があるのか、単なるオブジェなのか。
2013032309.jpg

お昼ご飯。海鮮丼とあぶり丼、おいしかったです。
2013032311.jpg 2013032312.jpg

次は東浦の道の駅。
猫美術館があった。でも、時間の都合で行けなかった…。
とりあえず、次の目的地に行こうという事になったのさ。
ちょっと残念。
2013032361.jpg

ここの海水浴場で、貝殻を拾えるという情報をゲットしていた。
これはもう行くしかないですよ。
でも、ダンナさんは乗り気でない。
「こんなところにあるの?」って。

私はぷちぷち切れてきた。
「私が行きたいっていうところ、全然行ってくれへんやん。」と、険悪な雰囲気に。

あまりにも怖かったのか、「もうええよ。」と私がなってから、行くことになった。
なんやねん。

少しだけ貝殻はありました…もっといっぱいあるところに行きたい…。

次の目的地は、「野島断層」
ここは誰が何と言おうと絶対に行く!!!!!と、有無を言わせず行くことにした。

ここは、阪神淡路大震災で地表に現れた断層を現地保存しているのです。
逆断層+横ずれの断層がありましたよ。
2013032313.jpg 2013032314.jpg 2013032316.jpg

これだけの地面が動くのってすごいことなのです。
2013032315.jpg 2013032317.jpg 2013032318.jpg

生垣もずれてます。
2013032319.jpg 2013032320.jpg 2013032324.jpg

2013032321.jpg 2013032322.jpg 2013032323.jpg

これは、地面がずれた時にできた「筋模様」です。
すごいわ~。見つけた人、感動&興奮しただろうな。
2013032325.jpg

地面の下の方も「トレンチ調査」で堀った溝がそのまま残っています。
2013032326.jpg 2013032327.jpg 2013032328.jpg

これが地質構造です。なんか、受験勉強を思い出した。(私は地学科)
2013032329.jpg

この断層は「天然記念物」に指定されてます。
多くの犠牲者、そしてまだ生活に困っている被災者のことを考えると、
すげ~と興奮ばかりしてられないし、「記念物」って言い方も微妙…とか思う。
でもやはりこれだけのものは保存して、後世に伝えるべきものだと思う。

ここを訪れた子供が、なんでこうなるの?と自然な疑問を抱き、興味を持ってほしいなと思いました。
ちょっとまじめ。


この断層であるおうちの敷地がぶった切られているのです。
それもそのまま保存されています。地震後4年間もこの家で暮らしていたそうです。
でも、横っちょにこんな資料館ができたら…引っ越しますよね…。
2013032330.jpg 2013032331.jpg 2013032332.jpg

2013032333.jpg

これは、資料館入口に展示されていた被災状況の復元。
この映像、見たな…びっくりしたよな。
まさか、道路がこんなことになるとは…ですよね。
2013032334.jpg

震度7が体験できるコーナーもありました。
「今から来ますよ」とあらかじめ言ってもらえたら「おおおおおお」って感じやけど、
何の前触れもなく来られると相当怖かっただろうと思います。

「震災の時の揺れを再現」したそうで、すぐ後に来た余震(震度4)の揺れも体験した。
でもさ、P波あらへんやん?って思ったけど、そやった。
直下型地震やからほとんどあらへんかったんやと思う。


さて。私の目標は終わった。
結構時間があるけど、これからどうする?
ほかに行きたいところないし(ダンナさんはモンキーセンターに心惹かれていたようだが)

…下まで行くか…という事になった。

淡路島の南端、徳島県との境目に道の駅がもう一つあるのです。
人を集める方法だよな~。

ここは渦潮が見られるところですよ。

再び、橋です。
2013032335.jpg 2013032336.jpg

渦潮~ぐるぐる~洗濯機~!!!

洗濯…機…
2013032337.jpg 2013032339.jpg

巻いてない…ぐすぐす…。
船で見物に行っている人もいたけど…現象的には渦潮なのはわかるけど…
もっとぐるぐるしているかと…。
条件がそろわないとなかなか洗濯機は見られないそうです…。

でも…実は…海よりも…

橋ですわ!
2013032338.jpg 2013032340.jpg 2013032341.jpg

2013032342.jpg 2013032343.jpg 2013032345.jpg

橋が見られるように遊歩道?が整備されてました。

遠くに見える風車とこのあたりの地質のマーブル模様。
2013032344.jpg 2013032346.jpg

そして、今度は橋脚。
2013032347.jpg 2013032348.jpg 2013032349.jpg

2013032350.jpg 2013032351.jpg

今度は淡路島の西岸で貝殻拾いです。こっちの方がありそう…
結構長い海岸線。期待できます!
2013032352.jpg 2013032353.jpg

…が、一個もありませんでした…
貝殻ってそんなにないものなのー???

日が沈み、貝殻拾いもタイムリミットです。
サンセットラインとやらを走ったので、夕日がきれいに見えました。
2013032354.jpg 2013032355.jpg

ハイウエイオアシスまで戻ってきました。
夜行観覧車。ゴゴゴゴゴ…ドラマを思い出す…。
橋もきれいだった。
2013032356.jpg 2013032357.jpg

まんまると太ったにゃんこがいた。車に気を付けてね。
2013032358.jpg

何とか橋のライトを撮ろうと思ったけど、このカメラでは無理~。
2013032359.jpg 2013032360.jpg

最後に、海岸で拾ったもの。
小さな貝と、かわいい小石。あ。これだけでは満足してませんよ…。
2013032362.jpg

いつか必ずきれいな貝殻を…!!

さて。淡路島ですが、わざわざお泊りで行く必要はなかったと思う。
父親が「畑しかあらへんで」と言ったのがわかった感じがする。
今のシーズン、玉ねぎだらけ。

もちろん、植物園やアミューズメント施設みたいなのに行けばいいのだろうけど、あんまり興味がなくてね…。
でも、モンキーパークはちょっと行きたかったかも。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる