FC2ブログ

高嶋タティングレース Takashima Tatting Lace

高嶋タティングレース(以下「高嶋タティング」)

現在販売中の「毛糸だま」に掲載されています。
興味を持たれた方もいらっしゃるかと思い、ちょこっと説明させていただきます。

と言っても、ほとんど前に書いた記事ですが~。


高嶋タティングとは、いわゆる、「かぎ針タティング」です。
難しいと言われるシャトルを使ったタティングを、簡単に出来る方法を高嶋寿子先生が考案されました。

"Hook Tatting" などと呼ばれる技法は昔からあります。

「高嶋タティング」は、かぎ針タティングでチェインを作る方法で特許を取得されました。
また、普通のかぎ針ではなく、糸を扱いやすいように特徴のある針先を考案されました。


簡単に説明すると…

針を芯にして目を作ります。
takashima 2

かぎ針に糸を引っ掛けて、中に通します。
takashima 3

引き抜いた糸を締めてリングを作ります。


こんな風に作るので、ほどくのが簡単!!
かぎ針編みのような感覚で作る事が出来ます。

takashima 4


高嶋タティングの特徴は、糸を選ばないというところでしょうか。
シャトルタティングよりもふっくらとした仕上がりになり、糸の風合いを生かすことができます。
もちろん、あまりにもぼこぼこの糸では作ることはできませんが。
画像の糸は麻糸です。

一方、針の太さ(細さ)に限界があるので、細糸には向きません。
針は4本セットで販売されており、エミーグランデくらいの太さの糸から極太糸までタティングすることができます。

かぎ針編みや棒針編みとコラボすることも可能なので、タティングの世界が広がります。

時々、シャトルとニードル(かぎ針を含む)のどちらが優れているか
と言う事を話題にされる方がいますが、

そんなんどうでもよろしおす。

私はどちらにもこだわらず(先生ゴメン…)両者の「おいしいとこどり」をします。


さて、下の方で「高嶋タティングのうわさ」について書いてあります。
よろしければ、お読みくださいませ~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
「高嶋タティング」は、ホビーショーなどのイベントで出展されているので、
手芸好き、レース好きの方は一度は目にされたことがあるかもしれませんね~。

一方、ネットでは「閉鎖的」「なんか怖い…」などの意見を目にすることがあります。
針を買わないと体験させてくれないと言われたとか。
(2chで見ました)

でも、実際は異なるます。

ですが、そのような誤解を受けることもあったかもしれないと思います。

高嶋タティングの考案者である、高嶋寿子先生は「高嶋針」をこよなく愛していらっしゃいます。
購入された高嶋針が押し入れの中にないないされてしまって、高嶋針が活用されないことが悲しいとおっしゃってました。

シャトルよりは簡単にタティングレースができるといわれていますが、やはり「コツ」のようなものがあります。
その「コツ」をつかむお手伝いをしたいというのが体験をする目的なのです。

なので、「針を買うのなら体験していって」と言うようなことをおっしゃっていたと思います。
これが誤解を生んだのだと思います。

閉鎖的と言うのは、若干心当たりが無きにしも非ず…ですが…
昔のお稽古ごとにありがちな、「師弟制度」がそのように思われたのかと…。

どちらかと言うと、高嶋寿子先生も、現在指導されている高嶋妙子先生も「高嶋タティング」を広げたいという考えです。
ゆえに、色々なイベントに参加し、本も出版されているのです。

ただし、イベントではあくまでも「体験」であり、個別の質問には答えらません。
ここは、「わからない事があれば、お教室に来てね♡」と言う乙女心なのです。
   ↑
でも、これはどこの手芸業界でもあり得ることだと思いますよ。
中には気前よく教えていただけることもありますが。

という事で、恐れずに高嶋タティングレースの世界に入っていただけるとうれしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
すごく参考になりました!
タティングを始めてから、本を読んだりしてたら、
高嶋タティング気になっていたのです!
よく編み間違える私には、解くのが楽っていうのは
素敵ワードですv-352

Re: No title

りみぃさん
コメントありがとうございます(^^)/
とっても嬉しいです。

高嶋タティングに興味を持っていただけましたでしょうか?
ほどくの、簡単です!
色々な糸が使えるので、応用範囲が広いです!

ハンドメイドのイベントで、高嶋タティングレースのブースを見かけたら、、

1/2

こんにちは、コメント長すぎでエラーになるようで、2分割カキコ(^◇^;)

この記事で、針の使い方が何となくわかったので、古い記事にコメントさせて頂きます。
私も以前は「目指せレース職人」をモットーにレース作りに励んでいましたが、近頃は少し疲れ気味で、気分転換に何か違う事を「少し」やりたいと思っています。
シャトルの「タッチィング」は昔少しかじった事があり、全貌はわかっているのですが、この針を使うやり方に今興味の種が芽生えています。
決心が付いたら針とテキスト申し込むかもしれません。

2/2

1/2の続きが「不正な書き込み」って表示されて、なかなか書けない(ーー;)
私も5年ほど前から、ボビンレースのオリジナル作りに励んでいますが、
なかなか難しいですね。
みちこさんも職人に留まらず、デザイナーも目指して下さい。
勝手なことを書きましたが、また寄せて頂きます。
お互いに、がんばりましょ~♪

Re: 2/2

nekomamさん

コメントありがとうございます~。
エラーがいっぱい出ていたようで申し訳ないです。
こちらに「迷惑コメント」として入ってました。
なぜでしょう?全然迷惑なことありませんのに~。

でも、後から承認することもできるようですので、そのままにしておいていただいて大丈夫です。

高嶋タティング、ぜひやってみてくださいね~。
でも、最初はコツがよくわからないかもしれません。
お時間がありましたら、ホビーショーやフェアで出展していることがありますので、
体験していただければと思います(私はいないかもしれませんが)。


ん~デザイナーってよくわかりません。
ただ作るのが好きで、ただ色々と研究するのが好きで、なんだかそれだけなんです。
死ぬまでに一回くらい個展をやってみたい…という野望はありますが。。。
でもそれも単なる自己満足なので、別に必要ないかと思ってみたり…(^^;
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる