そして、「しなモン」になる

我が家の文鳥ずは、現在2羽とも換羽真っ盛りです。
毎日の掃除が大変だ。

でも、毎年のことながらくろぢ先生(くろぢ君から昇格しました)の元気がなくて心配です。
くろぢ先生を手本として、しなモンが一生懸命歌を練習しているのに、全く歌いません。
早く元気になっておくれ~

さて。しなモンですが、いつもはにゅるっとしながらも時々こんなかわいい形になります。
2014051701.jpg

初めてのカメラフラッシュに驚くしなモン。
ペットショップで羽を切られてしまっていたので、今でも飛べません…(T_T)
2014051702.jpg

ちょこっとずつ羽が抜けかわります。
後頭部と尻尾からというのが、お約束のようです。
2014051704.jpg

くろぢ先生も尻尾がすべて生えかわり、後頭部におハゲができつつあります。
2014051706.jpg

…ここまでは、ちょっと前のおはなし…

そして、現在…
…何?…この右側の文鳥…
2014051707.jpg

いや。現在のしなモンの姿なんですけどね。
ふと気が付くと…全然シナモン文鳥じゃありません。

ええと。かなり昔の写真で画像が粗くて恐縮なんですが、
シナモン文鳥のカラーリングはこんなのです。
2014051711.jpg

こげ茶の頭に、「ベージュ」の羽。
ベージュ…

しなモン、灰色やん…?

ちょっと前からおかしいとは思ってた。
けど、これはまだ赤ちゃんの羽で、いつかはベージュIなるんやと、信じていました。

でも、もう完成形のような気が…する…
いや、気のせいではない。完成形に間違いなかろう。

これは…おかしい!と思って調べてみたら…

「アゲイト(agate)文鳥」と言われる文鳥??
シナモン文鳥やシルバー文鳥を作る過程でたまに出てくるらしい。

アゲイト(agate)とは、翡翠の意味で、宝石のように美しい…と解釈されているようですが、
単に品種的にまだらで、色合いが定まっていないという意味ではないだろうか?

いや、いいんですけどね。
シナモン文鳥でも、桜文鳥でも、白文鳥でも、まだらでも。
健康であってさえすれば。(ちと、遺伝的に弱いらしい)

ほら、こんなにオトコマエ←親ばか
20140517018.jpg

なんだか、ずっと我が子と信じていたのが、DNA検査で別の人の子であることが判明した気分?
それよりショックなのはねー、ずーっとグレーの羽がベージュに生えかわると信じていたことなんよね。
ほんま、先入観って怖いわー。盲目になりますね。

で、シナモン文鳥でなかったので、お名前をどうするか。
普段、「モンモン」とか「モンちゃん」と呼んでるし…

ダンナさんは、「にせモン」とか「ばったモン」とか言うけど…

やっぱり、この子はしなモンだよね!
もう、見た感じがそうだ!←え?
いや、オーラがしなモン!←意味不明

きっと、もともとシナモン文鳥だったのが、くろぢ先生を尊敬するあまり、
くろぢ先生が憑依してしまったに違いない!

ということで、この子は「しなモン」に落ち着いたのですが…

病院行くときに困るな…

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

みちこ

Author:みちこ
タティングレースを主に制作しています。
いつかは「職人」と呼ばれるようになりたい…というのが望みです。
とっておきの時間をとっておきのモノに囲まれる、そんな空間や時間を創すためのモノをつくりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる